100年前の夏から『全国高等学校野球選手権大会』

1
おはようございます。

全国高等学校野球選手権大会の出場校がどんどん決まっていきますね。
暑い中、高校球児は皆、甲子園目指して汗を流してるんですね。
私も高校生の時、吹奏楽部でしたので京都の地方大会で
クラリネットを吹いて応援しました。
また、3歳下の弟が野球部でしたので、最後の試合を応援しに行き、
負けて引き揚げてきた時に泣いている姿を見て感動したのも思い出します。
 


さて、この全国高等学校野球選手権大会、この夏が第97回目です。
毎年1回のこの大会、過去に中止になったことがあるのはご存知の方も多いと思いますが、
第1回目は、ちょうど100年前だったんですね。

1915年8月18日〜23日
大阪府の豊中グランドで行われました。
当時の大会名は、
「第1回全国中等学校優勝野球大会」
出場したのは、春に優勝した早稲田実と、
予選から参加した73校の中から9校の計10校が代表となりました。
決勝戦は、
秋田中と京都二中
1点差で、京都二中の優勝でした。

京都二中は、現在の京都府立鳥羽高等学校です。

もし過去に中止にならなければ、今年は第101回となるわけですが、
97回ということは、4回中止になっているのですね。
調べてみました。

1918年、第4回目となる大会は、米騒動の為に延期後中止となりました。
富山で始まった暴動が8月11日には神戸で騒動となり、会場近くの商店で焼き討ちがあり、
14日から開催予定をいったん延期、16日に中止となったそうです。

1941年、第27回大会は、太平洋戦争の影響で地区予選の途中で中止。
1942年〜1945年の終戦年まで中止となりました。

1946年、第28回は、阪急西宮球場で再開されたそうです。

仕方のないこととは言え、3年間しかない高校野球生活の中、
1年でも大会のないということは、当時の球児にとっては
辛いことだったでしょうね。
戦争中は、生きていくことさえ難しい世の中だったでしょうから、
そんなことさえも考えることも許されなかったでしょうが・・。

当時とは比べものにはなりませんが、
東北大震災の起こった年、ちょうど息子は高校2年から3年に上がる歳でした。
高校サッカー部の部長として春の大会に向けて取り組んでいる最中でした。
あの震災があったことにより、ナイターグランドが使えず、
練習時間も短くなり、遠征の中止、部員とともにストレスもたまっていたことでしょう。
それでも、不便なことはあっても、被害なく生きて普通に生活できたことには
感謝していたはずです。

続々と代表校が決まり、いよいよ8月6日から甲子園が始まります。
色んなこと調べてみて楽しみになりました。

全力尽くして頑張ってほしいですね。

junjun




 

ドラクロア『民衆を率いる自由の女神』−1830年7月28日

0
    今日も晴れて暑くなりました。
    洗濯物はよく乾いて気持ちが良いですね。

    ドラクロアの有名な作品、
    『民衆を率いる自由の女神』は、日付が分かっています。
    それが185年前の今日、7月28日。
    というのも、題材になったのが、
    1830年7月27日、28日、29日の3日間に起こった7月革命なのです。



    民衆を率いる自由の女神:ドラクロア(1798-1863
     
    1830年7月の3日間、武装した市民や学生たちの行動は、
    国民の総意に反し絶対王政を復活させようとした国王シャルル10世を退位させ、
    7月革命が成功します。
    バリケードを越えて突撃する市街戦の修羅場に、
    革命軍を導く白昼夢のような寓意的な女神を登場させて自由の勝利を謳歌しています。
    自由はドラクロアに代表されるロマン主義の思想的基盤でもあります。
    この後新政府のモロッコ親善使節に随行して
    多くの風物、風俗を描き、色彩も一層豊かになります。

    1830年   油彩  260×325cm   所蔵:ルーブル美術館/フランス


    女神は青・白・赤色(トリコロールカラー)の旗を掲げていますが、
    これは「自由」「平等」「博愛」の意味を持ち、後にフランス国旗となります。

    民衆が、同胞の死体を乗り越えて前進していく姿。
    自由を求めて前進するその凄まじさを克明に描いた作品となっています。

    junjun


     

    今日は何の日?ゴッホが・・・

    0
      今日は、2015年7月27日です。

      日本は全国的に猛暑が続いている、そんな日ですね。

      過去の7月27日に生まれた画家はいないかしら?と検索してみたら、
      こんな日であることが分かりました。

      オランダ出身で、ポスト印象派(後期印象派)として名高い
      ヴィンセント・ヴァン・ゴッホが、
      パリの北に位置するオーヴェル=シュル=オワーズの地で
      1890年の7月27日に猟銃で重傷を負った日でした。

      一般的には自分で猟銃を撃ったとされていますが、
      その場所、経緯などはまだ分かっていないそうです。

      この二日後の7月29日に亡くなっています。享年37歳。
      若かったですね。
      短い生涯で、制作した作品の数は、
      油絵約860点、水彩画約150点、素描約1030点(ゴッホ美術館公認のもの)
      が知られています。このほか、書簡に描かれたスケッチもあるそうです。

      今日は、ゴッホの作品の中の1点。
      『ひまわり』をご紹介します。
      黄色を好んだゴッホ。
      花瓶に活けられた『ひまわり』をモチーフとした作品は、
      南仏アルルに滞在しているときに複数描きました。
      『花瓶に活けられたひまわり』は、7点あります。

      本数も同じ15本で、構図もほぼ同じ『ひまわり』は、
      ロンドン・ナショナルギャラリーと、
      東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館と、
      アムステルダムのゴッホ美術館に所蔵されています。

      弊社プリハード世界の名画のカタログの表紙にもなっている、
      ロンドン・ナショナルギャラリーのひまわりが、これです。


      1888年8月制作  91×72cm

      黄色い背景、黄色い花瓶に、黄色のひまわり。
      そして、ゴッホは、アルルの黄色い家に住んでいました。
      花瓶の左側には、「Vincent」の文字が入っています。

      1888年、1889年頃までの作品には、
      独特のうねうねした筆使いが現れず、
      個人的に私は大好きです。

      明後日29日がゴッホの命日です。
      みなさんもゴッホの絵を鑑賞してみてはいかがでしょうか?

      junjun
















       

      小磯良平『帽子の女』 新規取扱いします!

      1
      猛暑の一休み。
      今日は全国的に曇りや雨ですね。
      ところによっては、大雨で警報も出ているようなのです。
      最近は、晴れても、降っても、吹いても、
      どれも極端な感じがして困りますね。

      さて、今日もカタログには載っていない作品のご紹介をさせていただきます。

      小磯良平(1903-1989)
      『帽子の女』です。

      小磯良平は昭和27年から47年まで東京藝術大学の教授として後進の指導に当ります。
      もともと人物画を得意としてきたが、殊に裸婦を描かせると彼のデッサン力と
      そのうまさが見事に表れます。
      この絵でも気品にあふれた良家の女性をよく表現しており、
      渋い色彩においても、少し背を向けた女の横顔の構図においても
      調和のとれた情緒の豊かさを感じさせます。
      晩年には人物を卒業したかのように人形を多く描いています。
      昭和58年には日本芸術院会員となります。

       

      制作年不明 油彩                      個人蔵


      とても上品な女性の絵ですね。
      帽子についているレースの布地の紫が高貴な雰囲気を増しているように
      感じられます。

      サイズ : F6号(絵サイズ 410×318弌
      価格  : ¥36,000 (¥38,880 税込)

      リビングの壁にいかがでしょうか?

      それではまた

      junjun


       

      マネ『バルコニー』新規取扱いします

      1
      暑いですね、が決まり文句になりますね。
      先週熱中症で救急搬送された方が6000人以上だそうです。
      夜更かしや飲みすぎは出来るだけしないように、
      お年寄りの方には、エアコンをつけ、水分を取るようにと
      お声かけしてあげましょう!
      ひと月は続くこの猛暑を乗り切りましょうね。

      さて、プリハード世界の名画では新規取扱い可能となった作品をご紹介いたします。
      初回の今日は、

      エドワール=マネ(1832-1883)
      『バルコニー』です。


       

      この絵は1811年頃に描かれたゴヤの〈バルコニーのマハたち〉から想を得た作品といわれています。
      ゴヤの絵では人物の間での親密な情景が見られるのに対して、
      ここでは各人が勝手な方向に視線を向けそれぞれ個性的で奇異な感じがします。
      手前の女性がベルト・モリゾで、印象派展にも参加した画家でマネの弟と結婚しました。
      右側の女性は妻の友人の音楽家、
      男性は友人の風景画家、
      奥のくらがりには息子、
      手前の足下には犬がいます。
      1869年のサロン展に出品。

       

      制作 18689年  油彩  170×124.5
      所蔵:オルセー美術館/フランス


      この絵に額をつけてみましょう。



      いかがでしょうか?
      額は、ゴールド、シルバー、木調など、
      お好みに合わせて変えられます。

      サイズと価格は、額付きで、

      P10号 価格:¥52,000 (税込 ¥56,160)です。

      この作品はカタログには掲載されておりません。
      この作品についてのお問い合わせは、

      メール info@prehard.jp
      もしくは、
      お電話 03-3398-9155 までどうぞ。

      今後も、たくさんの作品を新規取扱いしていく予定です。
      お楽しみにお待ちください。
      また、お探しの作品のご相談、
      こういうのが欲しいんだけど、というようなご相談も
      承りますので、お気軽にお問い合わせください。

      ではまた〜

      junjun





       


      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << January 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • 『プラド美術館展―スペイン宮廷 美への情熱
        junjun
      • 『プラド美術館展―スペイン宮廷 美への情熱
        dezire
      • 永沢まこと都市画展 街の今を描く、ヒトを描く(武蔵野市立吉祥寺美術館)
        junjun
      • 永沢まこと都市画展 街の今を描く、ヒトを描く(武蔵野市立吉祥寺美術館)
        KJ
      • 小磯良平『帽子の女』 新規取扱いします!
        junjun
      • 台風最中の祇園祭巡行
        junjun
      • 小磯良平『帽子の女』 新規取扱いします!
        kouji kojima
      • 台風最中の祇園祭巡行
        kouji
      • 新印象派展を鑑賞して
        junjun
      • 新印象派展を鑑賞して
        dezire

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM