モネ『印象・日の出』

0
    こんにちは~!

    東京では、昨夜から明け方までの風が、本当に強かったです。
    おかげで今日はちょっと寝不足です。
    それでも私が出かけるときには雨も止み、
    南の方向には青空も見えて、自転車で走るのが気持ち良かったです。

    さて、9月19日から開催中の
    マルモッタン美術館所蔵『モネ展』には行かれましたでしょうか?
    公式のホームページには、
    その時間の混雑状況が掲載されています。
    ちなみに、
    現在時刻の状況は、
    「入室まで0分待ちです。会場内は混雑しております。」とのことです。

    今日の絵のご紹介は、この展覧会の1番の目玉、
    モネ『印象・日の出』です。


    「印象・日の出」P10号 (プリハードを撮影)

    印象・日の出:モネ(1840-1926
     
    1874年にモネ、ルノアール、ピサロ、ドガたちは仲間を集めて
    グループ展を開催します。
    これはサロン展から締め出されがちな風景画や風俗画を描いていた
    若い画家たちの示威運動でした。モネが少年時代を過ごした
    ル・アーヴル港を描いた出品作《印象・日の出》に因んで、
    ある批評家が彼らのことを「印象派」と呼びます。
    ということで、この作品が印象派という言葉を生みだした重要な作品です。
    1985年秋に展示していた美術館から盗まれ5年後にマルタ島で発見されました。
    1873年 油彩  48×63cm
       所蔵:マルモッタン美術館/フランス
    (プリハードの解説文より)

    この作品については、
    公式ホームページでも、詳しく紹介されています。
    印象派の絵画は、とてもなじみやすく日本でも人気の作風だと思います。
    印象派の語源となったこの作品をナマで見るチャンスです。

    マルモッタン美術館所蔵『モネ展』
    ぜひ行ってみられてはいかがでしょうか?
    会期は、12月13日(日)までですが、
    この
    「印象・日の出」は、10月18日(日)までの展示となっています。
    お見逃しのないように!

    土日は混雑しそうですよ!

    では良い週末を(^_-)











     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 『プラド美術館展―スペイン宮廷 美への情熱
      junjun
    • 『プラド美術館展―スペイン宮廷 美への情熱
      dezire
    • 永沢まこと都市画展 街の今を描く、ヒトを描く(武蔵野市立吉祥寺美術館)
      junjun
    • 永沢まこと都市画展 街の今を描く、ヒトを描く(武蔵野市立吉祥寺美術館)
      KJ
    • 小磯良平『帽子の女』 新規取扱いします!
      junjun
    • 台風最中の祇園祭巡行
      junjun
    • 小磯良平『帽子の女』 新規取扱いします!
      kouji kojima
    • 台風最中の祇園祭巡行
      kouji
    • 新印象派展を鑑賞して
      junjun
    • 新印象派展を鑑賞して
      dezire

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM