マネ『バルコニー』新規取扱いします

1
暑いですね、が決まり文句になりますね。
先週熱中症で救急搬送された方が6000人以上だそうです。
夜更かしや飲みすぎは出来るだけしないように、
お年寄りの方には、エアコンをつけ、水分を取るようにと
お声かけしてあげましょう!
ひと月は続くこの猛暑を乗り切りましょうね。

さて、プリハード世界の名画では新規取扱い可能となった作品をご紹介いたします。
初回の今日は、

エドワール=マネ(1832-1883)
『バルコニー』です。


 

この絵は1811年頃に描かれたゴヤの〈バルコニーのマハたち〉から想を得た作品といわれています。
ゴヤの絵では人物の間での親密な情景が見られるのに対して、
ここでは各人が勝手な方向に視線を向けそれぞれ個性的で奇異な感じがします。
手前の女性がベルト・モリゾで、印象派展にも参加した画家でマネの弟と結婚しました。
右側の女性は妻の友人の音楽家、
男性は友人の風景画家、
奥のくらがりには息子、
手前の足下には犬がいます。
1869年のサロン展に出品。

 

制作 18689年  油彩  170×124.5
所蔵:オルセー美術館/フランス


この絵に額をつけてみましょう。



いかがでしょうか?
額は、ゴールド、シルバー、木調など、
お好みに合わせて変えられます。

サイズと価格は、額付きで、

P10号 価格:¥52,000 (税込 ¥56,160)です。

この作品はカタログには掲載されておりません。
この作品についてのお問い合わせは、

メール info@prehard.jp
もしくは、
お電話 03-3398-9155 までどうぞ。

今後も、たくさんの作品を新規取扱いしていく予定です。
お楽しみにお待ちください。
また、お探しの作品のご相談、
こういうのが欲しいんだけど、というようなご相談も
承りますので、お気軽にお問い合わせください。

ではまた〜

junjun





 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 『プラド美術館展―スペイン宮廷 美への情熱
    junjun
  • 『プラド美術館展―スペイン宮廷 美への情熱
    dezire
  • 永沢まこと都市画展 街の今を描く、ヒトを描く(武蔵野市立吉祥寺美術館)
    junjun
  • 永沢まこと都市画展 街の今を描く、ヒトを描く(武蔵野市立吉祥寺美術館)
    KJ
  • 小磯良平『帽子の女』 新規取扱いします!
    junjun
  • 台風最中の祇園祭巡行
    junjun
  • 小磯良平『帽子の女』 新規取扱いします!
    kouji kojima
  • 台風最中の祇園祭巡行
    kouji
  • 新印象派展を鑑賞して
    junjun
  • 新印象派展を鑑賞して
    dezire

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM