仏西23日間奮闘記 22日目,23日目 (3/21シャルルドゴール空港 3/22日本 帰宅)

0
     おはようございます。
     昨日は涼しくてすごしやすかったですね。

     今日7月17日は、京都の祇園祭り巡行の日です。
     前日は宵山、その前日は宵々山。
     山鉾のたっている四条通りはこの数日間、夕方から歩行者天国となり、
     大変な賑わいとなります。



     そして今日は、長刀鉾を先頭に、四条通りから東に向いて河原町通りを北上し、
     御池通りを西に向き、暑い中、練り歩きます。
     90度に曲がるときには、竹を割った棹を沢山カーブするところに敷き詰めて、
     水を打ち、一気に曲がるのです。
     コンコンチキチンコンチキチンの鐘の音、笛の音、
     とってもゆっくりしたお祭りですが、
     この巡行の曲がる時ばかりは、大迫力です。
     京都を離れて24年間、見ていませんが、来年はナマで見たいなと思っています。
     今年は、梅雨明けが異常に早かったですが、
     京都の夏は、祇園祭で始まり、8月16日の大文字で終る、と言います。

    さて、奮闘記も最後に近づきました。

    無事、早めにシャルルドゴール空港に着き、
    ゆっくり昼食をとり、3時間前の16時半にANAの手続きカウンターに行きました。



    途中、このような電光掲示板が・・。

    ツアー客が多く、荷物を預けるところは長い行列。
    私たちも並びました。
    ようやく順番が来て、4人分のチケットを見せたところ、 
    現地のスタッフは、日本人スタッフを呼びに行きました。
    んん??
    日本人の女性スタッフ。
    「今日は、ルフトハンザが朝から欠航しています。ストライキです。
     お子さんのチケットは予約が入っていて大丈夫ですが、
     お客さまお二人は、空席待ちの分ですので、
     ルフトハンザのお客様がエンドースしてきて乗れない可能性があります。」
    とのこと。
    そうか!あの電光掲示板はそういうことだったのです。
    まさか、こちらにまで影響があるとは思いませんでした。
    「いつ分かりますか?」
    「出発の1時間前にお集まり下さい」
    ということで、息子達だけチェックインし、荷物は全て預け、
    万が一、乗れなければ、息子達が4つのスーツケースを成田で預けてある車で
    持ち帰ることにしました。
    車のキーを息子に渡し、ここでお別れかもね、と言いながら、
    ゲートへ行くエスカレーターの前で別れました。



    そして、1時間後、他にも6人ほど同じような状況の人たちが集まっています。
    でもさらに「30分前にしか分かりません。もうしばらくお待ち下さい」
    そして、結局出発15分前に、名前が呼ばれ、
    「とりあえずゲートに行ってください。まだ乗れるとは限りません」
    急いでゲートのカウンターへ行くと、やっとそこで乗れることが判明!
    息子たちと再会を喜んだのも束の間、
    機内に乗り込みました。

    最後の最後までハラハラドキドキでした。

    息子達は心配しているかと思いきや、
    ゲート前のロビーのソファで、同じロビーに居た、
    男性とネットのサッカーゲームを楽しんでいたとか・・。

    エコノミーでも乗れれば良いと思っていましたが、
    ドキドキ料でしょうか?帰りもビジネスクラスの乗れました。



    疲れて、映画もそこそこに熟睡できました。

    そして、日付が変わり、無事成田に到着。
    3月22日は、東京では例年より随分早く桜が満開で、
    高速道路から綺麗な桜を見ながら帰宅しました。

    家に残していった、猫のチャオも義妹が面倒みてくれていたので、
    元気元気!
    ただ甘えてきてくれて、嬉しかったです。



    スーツケースを物色中。

    永らくお付き合いをいただき、ありがとうございました。
    個人旅行はいつものことですが、
    これほど、色んなことがあった旅行は初めてでした。
    良いことも悪いことも、何か参考になればと思います。

    旅行記はこれで終りますが、
    また、美術のこと、お得な商品の事、旬な話題などを、綴っていきたいと思っています。

    これからもよろしくお願いします。

    重ねて、ありがとうございました。

    ではまた〜

    junjun

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 『プラド美術館展―スペイン宮廷 美への情熱
      junjun
    • 『プラド美術館展―スペイン宮廷 美への情熱
      dezire
    • 永沢まこと都市画展 街の今を描く、ヒトを描く(武蔵野市立吉祥寺美術館)
      junjun
    • 永沢まこと都市画展 街の今を描く、ヒトを描く(武蔵野市立吉祥寺美術館)
      KJ
    • 小磯良平『帽子の女』 新規取扱いします!
      junjun
    • 台風最中の祇園祭巡行
      junjun
    • 小磯良平『帽子の女』 新規取扱いします!
      kouji kojima
    • 台風最中の祇園祭巡行
      kouji
    • 新印象派展を鑑賞して
      junjun
    • 新印象派展を鑑賞して
      dezire

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM