仏西23日間奮闘記 20日目 (3/19 バルセロナ〜アヴィニヨン)

0
     サッカーコンフェデ杯は、もう一つの準決勝。
     スペイン対イタリア だったのですね。
    PKで、スペインが勝ったそうですね。
     6時に起きてテレビつけたら、やっていたのに見逃してしまいました。残念!
    決勝は、スペイン対ブラジル!
    これは、朝4時でも起きて見ようと思います。楽しみですね。

    さて、奮闘記に戻ります。

    バルセロナの濃い4日間が終わり、いよいよ旅行も終盤。
    この日からは、レンタカーを返して日本へ向けて飛び立つパリの空港への経由地として、
    宿泊をとりました。
    バルセロナからの距離は、
    バルセロナ〜アヴィニヨン 432km
    アヴィニヨン〜オルレアン 673km
    オルレアン〜パリ 157km
    トータルでまだ、1262kmあります。

    でも、この二つの経由地、とても記憶に残る地となりました。

    バルセロナのホテルの地下駐車場から出発。
    地下なので、ヴァレンシアでも、マドリッドでもそうでしたが、
    カーナビが作動してくれません。
    とりあえず、地上に出て、走りながら受信するのです。
    ここでも、なかなか反応してくれず、ロータリーになっているところを
    受信するまで、ひたすらグルグル回りました。
    受信したら、どの道を進むかの指示が来ます。

    フランスからスペインに入った西側の国境は、
    いつのまにか入っている状況で、日本で言うと県境のようでしたが、
    東側のスペインからフランスへ入るときは、ちょっと違っていました。



    まず、「フランス」と書いた看板が見えてきました。



    左側の写真のオベリスクのようなモニュメント。
    これが国境のしるしのようでした。

    そして、右のように、高速道路が速度制限され、
    片側1車線の対面通行。
    しばらく行くと、警備のような男性が何人も立って見張っていました。

    別に、停められることはなく、パスポートも要りませんでした。
    ガイドブックによると、時折、抜き打ちでチェックがあるそうです。

    アヴィニヨンは、名前を聞いたことはありますね。
    「アヴィニヨンの橋の上で」という動揺で有名です。
    が、行くまで、その橋がどんな橋だか、アヴィニヨンという街がどんな街だか、
    知りませんでした。
    キリスト教のカトリック・ローマ教皇の座が、ローマからアヴィニヨンに移されていた時期(1309年 - 1377年)があり、城壁に囲まれた、美しい街で、世界遺産にも登録されています。

    城壁の中にある、にぎやかな古い旧市街は、車は入れますが、
    駐車場がまた分かりません。
    何度も城壁をくぐって入ったり出たりしながら、道路わきに停め、
    ホテルでパーキングを聞きました。
    もう車から全員が離れることは、やめました。
    そして、着いたホテルの部屋がこれです。ファミリー部屋です。



    とても広く、内装はブルーが基調で可愛らしかったです。



    これで、二つ星でした。

    約4時間半で到着し、昼過ぎでしたので、街を散策することになりました。



    細い石畳の道を歩いていると、大きな建物の上に、
    太陽でキラキラ光っているマリア様の像が見えました。



    石畳の道を抜けると、大きな階段状の広場があり、囲むように
    宮殿などが建っていました。



    とても下から上までは入らないほど大きな建物でした。
    太陽に向いているので、この広場全体が光っているようでした。



    きっちり敷き詰められた石畳。
    人通りはほとんどありませんでした。



    洞窟、そしてトンネルのようになっている、これも道です。




    ホテルや商店街に近い広場に、メリーゴーランドがありました。



    子供が来ると、動かしているようでした。

    ここで、すみません、タイムアップ!

    「アヴィニヨンの橋」は、来週お話させていただきます。

    ではまた〜

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 『プラド美術館展―スペイン宮廷 美への情熱
      junjun
    • 『プラド美術館展―スペイン宮廷 美への情熱
      dezire
    • 永沢まこと都市画展 街の今を描く、ヒトを描く(武蔵野市立吉祥寺美術館)
      junjun
    • 永沢まこと都市画展 街の今を描く、ヒトを描く(武蔵野市立吉祥寺美術館)
      KJ
    • 小磯良平『帽子の女』 新規取扱いします!
      junjun
    • 台風最中の祇園祭巡行
      junjun
    • 小磯良平『帽子の女』 新規取扱いします!
      kouji kojima
    • 台風最中の祇園祭巡行
      kouji
    • 新印象派展を鑑賞して
      junjun
    • 新印象派展を鑑賞して
      dezire

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM