仏西23日間奮闘記 18日目その3 (3/17 バルセロナ FCバルセロナの試合観戦)

0
     日本中が盛り上がっている時に載せたかった投稿記事ですが、
    コンフェデ杯は、残念ながら3戦3敗!
    これからの1年は、監督も選手も厳しい1年となるでしょう。
    反面、チャンス!と思ってる若手有望選手もいるはず。
    そして、落とされてたまるか!と思っている現代表メンバーもいるはず。
    ちょっと遅い気もしますが、今からの1年が日本サッカーの
    成長する時期だと期待しましょう!

    さて、こちらはスペインの3月17日。
    リーガエスパニョーラの試合観戦です。
    マドリッドでの試合では、凍えるような寒さでしたので、
    防寒対策十分にして、雨対策にゴミ袋の45リットルを持ち、
    夜9時始まりなので、ハーフタイムに食べられるようフランスパンのサンドイッチも
    しっかり準備し、地下鉄に乗って、いざカンプノウスタジアムへ!



    地下鉄は乗り換えなしです。
    ホームでは、赤と青のマフラーをしたサポーターがチラホラ。
    電車では、一駅ごとにそれらしき人々が乗り込んできます。
    駅からスタジアムまでの道は、マドリッドと同様、ついて行けばよかったのです。

    途中で、今回はもちろんFCバルセロナのマフラーを買いました。
     

    何軒もあって、どこもお客さんいっぱいでした。



    マドリッドのときよりも、ピッチに近い席でした。
    向かいに見えている中の後ろの方の席です。
    だから、雨の心配もありませんでした。



    メッシが写ってます。
    ボールを出してもらおうと、手前の右から二人目です。
    この後、点が入ります。メッシ2点目!





    これもボールをチョンと出してるのがメッシ。

    上の点が入った後の喜んでるのが右側。
    いっせいに皆が立ち上がってバンザイしてます。

    こっちの応援、面白いと思ったのが、
    これぞ1点!と思った瞬間、選手が外したり、防がれた時には、
    みんな短く「うぅっ!!」と言うのです。
    ホントに短く、です。
    これを、先日のコンフェデ杯のテレビで聞いてみると、
    それぞれが短く「うぅっ!!」と言っても、
    タイミングがずれているので、全体として聞こえてくるのは、
    「うぅぅぅぅぅぅぅぅ 」 なんですね。
    ブーイングのように聞こえてくるのは、そういうことだったようです。




    左側は、何の数字か分かりますか?
    この日の観客数です。
    さすが、カンプノウスタジアム、さすがバルサです。

    そして、右が終った時のスコア。
    3−1でバルサの勝ち。
    そして、バルサの点は、ヴィジャが1点とメッシが2点です。
    もう少しでハットトリックでした。
    メッシのいるバルサは強いです。
    この後、足を痛めて欠場、ヨーロッパ選手権も出られず負けてしまったので、
    ここで見られた私たちはラッキーでした。

    早めにスタジアムを出ると空いた電車に乗れることは分かっていましたが、
    もったいないので、しっかり笛がなるまで席を立たず、
    終ってから、早足で、また地下鉄の駅まで戻りました。
    が、入場したところから近い駅が下りた駅の手前の駅だったようで、
    そちらから乗りました。

    ここでまた凄いことが・・。

    案の定、ぎゅうぎゅう詰め状態の電車でしたが、3つ4つ駅を過ぎると少しずつ
    空いてきました。
    ホテルの最寄り駅の一つ手前の駅で、結構降りて行き、
    出口の前に4人が揃うと、同じ車両の少し離れたところから、
    名前を呼んで近づく男性が・・・。
    なんと、マドリッドのプラド美術館で偶然会った、長男の高校時代のサッカー部の
    チームメイトではありませんか!
    試合観戦するとは聞いていたけれども、68000人も来る中で、
    会えるわけもなく約束などもちろんしていませんでした。
    なのに、帰りの地下鉄の同じ車両に乗り合わせるなんて。
    それも次に降りるという、空いて、ほんの3分の間に見つけてもらえるなんて。
    彼とその家族は、その先、3つ目か4つ目の駅で降りると言っていました。
    「どの辺りに座っていたの?メッシ凄かったね。ホテルはどこの駅?
     次はバレンシアだね。凄い偶然だね。」矢継ぎ早に会話をして、
    私たちは降りました。

    こんな偶然もあるのですね。
    鳥肌が立ちました。

    ホテルへ戻り、すぐ脇のバーラウンジで、1杯だけお酒を飲んで、
    余韻に浸り、部屋へ戻りました。

    朝早くから、夜遅くまで、疲れましたが
    アクシデントは無く、良い一日でした。

    次の日もバルセロナです。

    ではまた〜





    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 『プラド美術館展―スペイン宮廷 美への情熱
      junjun
    • 『プラド美術館展―スペイン宮廷 美への情熱
      dezire
    • 永沢まこと都市画展 街の今を描く、ヒトを描く(武蔵野市立吉祥寺美術館)
      junjun
    • 永沢まこと都市画展 街の今を描く、ヒトを描く(武蔵野市立吉祥寺美術館)
      KJ
    • 小磯良平『帽子の女』 新規取扱いします!
      junjun
    • 台風最中の祇園祭巡行
      junjun
    • 小磯良平『帽子の女』 新規取扱いします!
      kouji kojima
    • 台風最中の祇園祭巡行
      kouji
    • 新印象派展を鑑賞して
      junjun
    • 新印象派展を鑑賞して
      dezire

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM